SBバック, SBバック(Aタイプ)

手術・ドレナージ

SBバック, SBバック(Aタイプ)

術後における創部の血液、膿、滲出液などの持続吸引でのドレナージ

SBバック,  SBバック(Aタイプ)
一般的名称 低圧持続吸引器
販売名 SBバック
認証番号 15900BZZ01066000
クラス分類 管理医療機器クラスⅡ
滅菌方法 EOG滅菌
製造元 秋田住友ベーク株式会社

製品特長

  • 特長1

    排液量の測定が、陰圧を解除せずにいつでも正確に出来る2ボトル方式です。

  • 特長2

    バルーンにより安定した吸引圧を発生します。バルーンを再び膨らませるだけで吸引を継続することができます。
    排液口のキャップを閉じたまま再吸引することができ、その操作中は創部に対して陽圧のかからない構造になっております。
    用途に応じて吸引圧の異なる低圧グレードの製品もあります。

  • 特長3

    ドレーンチューブは、塩ビとシリコーンの2種類の材質、豊富なサイズを取り揃えております。
    ラウンドタイプチューブの他に、単品のシリコーンフラットタイプチューブもご用意しております。
    シリコーンドレーンチューブには、下記スーパースムーズチューブもあります。

スーパースムーズチューブについて

  1. フラップ機構に加え、特徴的な2ルーメンの採用、さらにそのルーメンの隔壁にバイパス孔を設け、チューブの閉塞が起こりにくい構造になっています。
  2. フラップ機構の採用により、組織がチューブ内に侵入しにくく、また、侵入した場合でも抜けやすい構造のため、ドレーン抜去時の抵抗が少なくなります。



  3. 穿刺針の針先を自由に曲げることができるベンダブル針も用意しております。
  4. スーパースムーズは、吸引器とのセット品とスーパースムーズチューブ単品があります。
   

SBバック(Aタイプ)について

従来のSBバックを使いやすさと安全性の向上を目指して「Aタイプ」としてラインナップを追加しました。

  1. ボトル接続部に撥水フィルターを設置し、ボトルが倒れても吸引ボトルへの排液移行を軽減します。
  2. 排液口を拡大し、開閉を差し込み式からロック式に変更しました。
  3. Yコネクター接続部をカプラー型へ変更。抜け防止の「ばね」を付与しました。(塩ビラウンドタイプ 3.0mmのみ)

※ドレーンチューブは、塩ビとシリコーン(スーパースムーズ)の2種類の材質、豊富なサイズを取り揃えております。

製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ